長年の歯の汚れの悩みと対策

歯の汚れは食べ物やたばこやコーヒーの色が付いてしまい歯の表面について黄色くなり歯磨きではなかなか取れず放置してしまうと歯垢が付いてしまいます。

虫歯の原因になってしまいますし、歯磨きでは取れなくなり歯石取りをしないといけなくなるので大変。プラークが付いてしまうので、それが歯と歯の間とかに虫歯ができてしまって歯茎の炎症も出来てしまいます。

まずは歯科に行き歯石除去をしなくてはならなくなるため、けっこうな手間になります。

歯磨きの仕方の指導があり、糸ようじなどで間の所に使い歯磨きもしっかり歯ブラシをあててあげてしっかりと磨くことが大切で寝る前には必ず歯磨きをする方がいいです。

時間かけて一本ずつ磨いていく事と歯ブラシを歯から外さない事と鉛筆を持つような感じで少しずつずらしていき後の歯からすすんでいきだいたい三分くらいかけて前と裏側を交互にするといいかと思います。

どんなに丁寧に磨いても歯の汚れは中々取れず、恥ずかしいなと思っていました。

私は半年に一度、定期的に、歯科で検診と歯のクリーニング(歯のおそうじ…歯石や歯の黄ばみを除去してもらう)を受けているのですが、クリーニングをしてもらうと、歯石や歯の黄ばみが取れ、歯(とその汚れ)も綺麗になる事に気づきました。

クリーニングの際には、金属製のピック?のような道具や「デンタルフロス」という糸を使っている事を知り、私も普段の歯磨きに「糸ようじ」を使用すれば、毎日歯に詰まるカスや汚れを取れるのではないかと思い、実践する事にしました。

実際に糸ようじを使用してみると、歯間のカスや歯の汚れが綺麗に取れ、口の中がスッキリするような感じがしました。(糸ようじは小林製薬の「糸ようじ」がおすすめです)

さらに、その後歯磨きの際、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使い始めた所、歯の黄ばみも改善されてきたような気がします。さらに上のレベルできれいにするなら、酸化チタンの光触媒でホワイトニングができる機器がおすすめ。私は口コミのいいスーパーホワイトLVを使うようになりました。歯の黄ばみはかなり改善したので効果は高いと思います。

糸ようじもホワイトニング効果のある歯磨き粉もホームホワイトニング機器も、若干お金がかかるので、私は夜の歯磨きの時しか使いませんが(その他の歯磨きの際は、別の歯磨き粉を使っています)、それでも歯の黄ばみの悩みはかなり改善されてきたように思います。